カマグラを服用するなら知らなきゃ危険!副作用と併用禁忌

副作用と併用禁忌薬は知らなきゃ危険

薬は病気を治療したり、症状を緩和させる働きがあります。
しかし、扱い方を誤ってしまうと障害が残ってしまったり、最悪の場合命を落としてしまうなんてことも。
そうならないためにも、服用する薬について知っておく必要があります。

カマグラの副作用や併用禁忌薬、服用してはいけない人を確認してから服用するようにしましょう。

カマグラの副作用

カマグラの副作用

カマグラには次のような副作用が報告されています。

1%以上 ・ほてり
・潮紅
・頭痛
0.1~1%未満 ・動悸
・めまい
・消化不良
・視覚障害
など
0.1%未満 ・高血圧
・射精障害
・脱毛症
・味覚異常
など
頻度不明 ・失神
・尿路感染
・突発性難聴
・副鼻腔炎
など

カマグラを服用するとほてりや潮紅、頭痛といった症状がよく見られます。
カマグラは副作用の症状が出やすい薬ですが、効果が切れた後も症状が続いたり、徐々に症状が強くなっていくようなら病院で診てもらうようにしましょう。

また、カマグラを服用するとごく稀にではありますが、以下のような重篤な症状がでることがあります。

・不整脈
・記憶力低下
・呼吸障害
・心筋梗塞
・持続勃起
・視力低下
など

これらの症状が出た場合は、ただちに病院へ行き医師に診察してもらうようにしてください。

副作用を軽減するためにできること

副作用を軽減する

これらの副作用は服用の方法次第では軽減することができます。
副作用に意識がいってしまいセックスに集中できない人や、副作用が強すぎてセックスができないという人は次の服用方法を試してみてください。

服用量を減量する

副作用が強いということは、服用量が多く効果も強く出ているということ。
そのため、服用する量を減らすことで吸収される量を減らし、副作用を軽減することができます。
自分が服用する量を見直してみましょう。

食事をする

カマグラの有効成分であるシルデナフィルには食事の影響を受けやすい性質があります。
そのため、基本的にはカマグラを服用する時は空腹時での服用が推奨されています。
ですが、副作用が強く出る場合は、食事をすることでシルデナフィルの吸収を抑えることができ、副作用を軽減することが可能です。

市販薬を併用する

頭痛や鼻づまりなどといった副作用が出た場合は、ロキソニンなどの症状に対応する市販薬を服用することで症状が軽減されることがあります。
もし、併用してもいいのか不安な場合は、きちんと医師に確認をとってから服用するようにしましょう。

カマグラの併用禁忌薬

カマグラの併用禁忌薬

カマグラと併用してはいけない薬があります。
これらと一緒に服用してしまうとお互いの効果を打ち消しあったり、増幅させてしまうおそれがあります。
次の薬を服用している人は決してカマグラを服用してはいけません。

・硝酸剤およびNO供与剤
・アミオダロン塩酸塩
・sGC刺激剤
・リオシグアト

ほかにも薬を服用している人は、カマグラと併用してもいいものかをきちんと医師に確認をとってから、カマグラを服用するようにしましょう。

服用禁忌

次の人はカマグラを服用することはできません。
もしカマグラを服用してしまうと、症状を誘発したり悪化させたりする恐れがあり、命に関わります。けっして服用しないでください。

・シルデナフィルにアレルギーがある人
・心血管系障害があり性行為が認められていない人
・重度の肝機能障害がある人
・低血圧または高血圧の人
・6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした人
・網膜色素変性症患者の人